酋長の(゚∀゚)アヒャ(ry


ヲタ種観察日記(不定期)
by w_krauser
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
外部リンク
試しに登録してみましたw


クリッコでポイント頂けるようなのでお暇な方よろぴくww

みんなのプロフィールSP
こっちもよろしく^^
お気に入りブログ
最新のトラックバック
x9rqwnzw
from x9rqwnzw
jk9q7yu2
from jk9q7yu2
パソコンBIOS設定
from 格安パソコン
芸能人タレントの愛車【有..
from 自動車
芸能人タレントの愛車【有..
from 自動車
これからの季節に役立つ旅..
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
スレ
from 【スレ】について
侵攻
from 軍事関連ピックアップワード
検索

<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日曜の夕方はこうでないと

以前このブログでもお話ししたことがある私のお気に入り番組、それが「釣~りんぐ北海道」という地元ローカル番組(該当エントリはこちら)。ジャンルでいえば「釣り番組」にカテゴライズされる番組ですが、メジャーどころ(「釣りロマンを求めて」や「ザ・フィッシング」等)とは全く違うアプローチで製作されていました。

これはメインパーソナリティであった捧敏夫氏(故人)のポリシーが強く反映されていたからだと知ったのは、氏が逝去された後のことでした。

氏曰く「釣りとはあくまで遊び、釣果が重要なのではなくて釣りを楽しむことが重要」とのこと。
だからこそ「釣~りんぐ北海道」では釣果ゼロでもそれをネタにして視聴者が「楽しめる」ことを最優先していました。

そんな「釣~りんぐ北海道」が終了したのは3月19日。同月7日に捧氏が食道がんのためにこの世を去ったことで「番組の中核」とも言える存在がいなくなり、番組の継続が困難になったことが理由とされていました。

しかし今日放送された「GW直前スペシャル」内でレギュラー放送の再開が発表されました。
捧氏の軽妙なトーク(ローカル番組としては珍しい関西弁全開のおとぼけキャラ)が聞けないのは残念ではありますが、私にとってそれより重要なのは「まず釣~りんぐありき」なのです。
日曜の夕方、個人的には1週間で一番まったりとする時間帯であると同時に、再び始まる1週間に向けて気合を入れなおす時間帯でもあります。そんな時、私が一番欲しいのは「頭を空っぽに出来る時間」です。それまでに起こったいろいろなこと(特に嫌なこと)をリセットするには、そんな時間が必要だと思うんです。

私のとっての「頭を空っぽに出来る時間(存在)」は「釣~りんぐ北海道」という番組。今までとは少し雰囲気は変わるでしょうが、捧氏がいないからこそ見えてくる部分もあるでしょう。しかし今はそれを気にかけることなく、番組の再開を素直に喜びたいと思います。



そして、天国のささげさんに一言…

ささげさん、貴方の弟子二人が再び釣りの楽しみを伝えるために立ち上がりました。たまに様子を見て、いつものような容赦ないツッコミとほんの少しの手助けをしてあげて下さい。
[PR]
by w_krauser | 2006-04-30 17:17 | 雑記

たまにはネカフェもいいものだ

先日は友人がMIA(戦闘中行方不明、一般的には戦死の意)風味になって焦り倒したわけですが、今度は私が一部関係者の間でMIA扱いになっていたようです^^;
確かに予告なしでプレイしていたネットゲームから引退してしまったので、非は完全に私にあるわけですがorz
まあそのネットゲーム関係者の方はほとんどこのブログを見ていないと思いますが、一応…

生きてますw


もしこのブログを見ている某GNO2所属チーム関係者がいらっしゃいましたら、皆さんによろしくお伝えください。諸般の理由ですぐに復帰とは行きませんが、いずれ機が熟したら必ず復帰します。

閑話休題

ここ数週間というもの、ほとんど外に出ることがなかった私。今年は例年に比べて春の訪れが遅いようで、「天気はいいけど気温がorz」といった日々が続いていた事も相まって外に出る機会を作れませんでした^^;

そして今日、巷ではGWが始まろうという頃になってようやく春らしい陽気が戻ってきました。

ちょうど折りよく(?)最近ゲーセンに行くたびにやり込んでいる「クイズマジックアカデミー3」の全国大会が開催されているという情報を耳にし、行きつけのゲーセンへ向かいました。

が、ここで私に悲劇が(?)訪れます。

混んでるorz


いきつけのゲーセンというのは市内のJR駅に程近い(というか高架下)場所で、近くには予備校があります。ちなみに私がゲーセンに顔を出したのは午後3時少し前。時間的には予備校の講義も終わっている時間帯でした。
加えて、詳しい理由はわからないのですが店内では高校生がいつもの倍近く遊んでいました。私が高校のときは平日の授業は午後3時半過ぎまで行われているのが当たり前でした。計らずも時代の流れを痛感した瞬間でした^^;

まあ長々と書いてきたわけですが、とどのつまりは「プレイできませんでしたorz」ってことですw

見切りをつけた時点で帰宅するという選択肢もあったのですが、たまには家の外で長居するのも一興だなということで、そのゲーセンに併設されているネカフェに入ってこのブログを書いているわけですw
ちょうど読みたい単行本もたまっていましたし、見たいDVDも山ほどありましたからちょうどいい機会じゃまいかと自分を納得させつつ(?)もうしばらく時間をつぶして帰ろうと思っていますw
[PR]
by w_krauser | 2006-04-28 16:26 | ヲタの日常

もうすぐGW

地元はまだ肌寒い毎日が続いていますが、ちょいと目を首都圏に向けると桜は既に咲き乱れ(もう散ってるんでしょうかね?)、花粉症対策は念入りにしとかないとひどい目見るよ?的なニュースが踊っています。地元ではまだ実感しづらいところですが、もう日本列島は春一色というところでしょうか。

そんな意味も込めて、今日はエントリ投稿と同時にスキンを変更してみました。
ちょっとだけ春っぽい感じになったのではないかと自負しておりますが(まあスキン自体はエキサイトさんからの提供品なんですがね^^;)、いかがでしょう?

タイトルにもあるとおり今週末からGWが始まります。5/1~2をうまく処理できればそれなりに長期間の休みになるようですね。これを利用して海外旅行に行かれる方や国内で骨休めという方もいらっしゃるでしょう。
新入社員の方はGW明けがひとつの山になります(いわゆる5月病)ので「GWだから」と気を緩めずに、逆にGWを利用して学生気分を完全に払拭するくらいの心積もりで過ごされることをオススメします。

多くは語りませんが、足場が崩れるのは意外と簡単なものですよとだけ申し上げておきましょうかw
[PR]
by w_krauser | 2006-04-24 07:55 | ヲタの日常

まいふぇいばりっと

気づけばまた2ヶ月以上放置orz

これじゃ日記はおろか月記にもなっとらんぞと至極真っ当なクレームを知人から受けました。深く(?)反省しておりますorz
…くずおれてばかりじゃ話が進まないのでここから通常モードですw

じゃあこの2ヶ月何してたんだ、ということになるのですが…ぶっちゃけ何もしてませんw
大きな(?)転機があったとすれば、前回のエントリで話題になった我が家のサブPCの正式な所有者である友人から1本のPS2ソフトを借り受けたことくらい。

タイトルは「スーパーロボット対戦IMPACT」、話を聞くとどうやら4年ほど前のソフトのようです。とあるアーケードゲームを通じて知り合った友人に勧められたというこのソフト、正直な話「こいつがこんなゲームやるのか?」と最初は疑問に思ってました。
もともと私の友人は無類のシューティングゲーム好き(本人曰く「シューターじゃない」とのことですが)。おまけに格闘ゲームの腕前もなかなかのもので、我が家に持ち込むPS2ソフトのほとんどがSTG、格ゲー、「連邦対ジオン」のようなアクション物に限定されていました。
かくいう私はというと、地味にこの手のSLGは好きなクチ。しかし、今までにいわゆる「スパロボ」と括られる作品は片手で数えるくらいしかプレイしたことがありません。どちらかというと「ジージェネ」系の方が肌にしっくり来るんですね。恐らく私自身ガンヲタではあるものの他のロボットアニメにさほど精通しているわけではないことや、PS系のSLGで私が最初にプレイしたのが初代ジージェネだったことも影響しているんでしょうね、きっと。

閑話休題^^;

てなわけで「次に遊びに来るまで貸しとくわ」という遺言(?)と共に手元に残ったスパロボIMPACT。何はともあれプレイしてみないことにはどうこう言えませんので、取り急ぎPS2にぶち込み起動。友人がいるうちにレクチャーしてもらった事項を思い出しながらプレイ開始。


ほう、ジージェネとはまた違う趣があっていい感じですな。

登場する全ての作品の世界観がほとんど違和感なく融合している。稚拙な作りでお茶を濁しているような作品だとその辺がすぐ破綻してくるのですが、この作品に関してはそれがない。
過去ジージェネでも全てのガンダムワールドを融合させて1つのシナリオとした作品がありましたが、言い方を変えるとあれは「スパロボ風ジージェネ作ってみました」て感じだったんでしょうかね^^;

これを書いている段階でクリア話数は54、説明書には全100話と書いてありましたからようやく折り返しにたどり着いたわけですねw
週末にはおそらく友人の来訪があるでしょうから、自前でソフト用意しようかとひそかに企んでおりますw
[PR]
by w_krauser | 2006-04-22 08:39 | ヲタの日常


以前の記事
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧